oftenさんのどげだいこげだい

まぁ、よもやまばなしでもつきあってごしない

鳥取の兼業主婦が「保育園義務教育化」を読んだよ #1ヶ月読書実験

読んだ本

保育園義務教育化
保育園義務教育化

読んだ方法

Kindleで読みました。

読んだいきさつ

Amazonのセール会場をうろちょろしていて、タイトルが目に付きました。
私自身も保育園活動、略して保活のときは、保育園に入れるかどうかひやひやしたもんです。

思ったこと

タイトルだけ見るととっぴな発想だと感じました。
読み進めていくとなるほど、乳幼児教育は重要なんだね、と納得することしきり。
社会が子どもに投資することは将来をよくすることなんですね。
それにしても、著者は教育の専門家ではないらしい。私は今まで、本というものは著者が専門分野について書くものだと思っていました。
しかも著者は、文献や専門家など、綿密に取材なさってる。くだけた文体だとなめちゃいかんですよ、この本は。

実行してみること

選挙にいくとき、幼児教育について深く考えている立候補者に投票しよう。

誰にオススメ

もうすぐ子どもを迎える人。その家族。なぜなら保育園に入れたいのに入れない状況になるかもしれないから。
あとは本をあまり読まない人でも、文体が話し言葉で読みやすいと思います。