oftenさんのどげだいこげだい

まぁ、よもやまばなしでもつきあってごしない

「kindleのまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話」を読んだら、読書がエンターテイメントになっちゃった #きんどう本

1000日前は結婚1週間前でした。
ごきげんいかがですかoftenです。

kindleまとめサイトでどうにかこうにか1000日間生計をたてた話」を読んだわけです。
思わず感想を書きたくなるくらいおもしろかったのです。

  1. Kindleアフィリエイトだけで生計をたてるという発想がまずぶっとんでる。

Kindle売り場通称Amazonをうろうろしていたらたまたま見つけました。
お値段も手頃というかおこづかい程度だし即買いです。
表紙もステキですよね。

  1. Kindleってどうやったら売れるの?

この本でふれられているのは、アフィリエイトのはりかたではないです。営業や販促についてです。
大手出版社じゃなくてもKindle本は出せるし、売上をのばすためにどうしたらいいか、なんて、アフィリエイトって特殊に見られそうだけど普通の企業と通ずる所もあるし、冒頭で書かれているほど読者はせまくない。
少なくとも私は興味深く読むことができました。

  1. リアルタイムで著者と会話なんて、不思議……

作中、所々ハッシュタグがでてきます。
指定箇所をハイライトしてTwitterで共有しました 。
すると、なんということでしょう!
著者から返信がきたではありませんか!
ビックリしたので思わず小躍り。

  1. 読後に

本屋じゃなくても本を売るっておもしろそうよね、ただ、いまから自分がKindleアフィリエイトやっても何番煎じかわからないけど、興味あるある、自分なりの工夫が必要よね。
読書部を企ててみたい。オンライン・オフラインをまたぐような……
金銭的に子どもには電子書籍ってハードルが高いと私は思います。

  1. この本をすすめたい人

日常的にKindleで読書する人。
マーケティングに興味のある人。
書店員。

そほど。