oftenさんのどげだいこげだい

まぁ、よもやまばなしでもつきあってごしない

こんなときは草枕の冒頭を

こんなときは草枕の冒頭を思い出す。
夏目漱石 草枕
山路を〜のあと、「ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国へ行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。」というところ。
私は……人でなしにはなれない。なりたくもない。できれば会わずに過ごしたい。