oftenさんのどげだいこげだい

まぁ、よもやまばなしでもつきあってごしない

Evernoteからの利用規約変更メールが、とてもわかりやすいと思ったのです。

ごきげんいかがですか、oftenです。

Evernoteさんからメールが届きました。
規約変更のお知らせのはずなのに、とても親切に感じました。
それってなぜだろう……?

わかりやすい日本語

利用規約って「甲は〜乙は〜」ってわかりにくいものだと思ってた。
わざとわかりにくくして、読む気力を奪ってんじゃないの、なんて疑ったこともあります。
でも、Evernoteの利用規約は読みやすかった。
しかも、Evernoteさんは、原文は英語で書いているはずでしょ?
自動翻訳に任せた翻訳なんか比べ物にならない、日本のユーザーのために丁寧に翻訳してある(だろう)なぁと感嘆することしきり。
だろうなのは、英語で読んでないからですが。

変わったところだけでおわらせない。

変更されていないはずの、基本姿勢「あなたのデータはあなたのものです」が一番最初にきていました。
たいがいの場合、変更のお知らせには、変わった部分だけ送りつけておしまいなことが多いのに、変わっていないこともかいてあるなんてすばらしい!
これってユーザーを大切にする考え方があらわれてるよね。

ユーザーを大切にする姿勢

利用規約変更って、企業から一方的にされるものだと思っていました。
ここまで親切に書いてあると、「ぜひ今後ともよろしく」と、言ってあげたくなります。
Evernoteさん、今後ともよろしく(^o^ゞ
お客様を大切にする姿勢は見習わなきゃなぁ!
f:id:often:20121111071945p:plain
f:id:often:20121111071947p:plain
f:id:often:20121111071948p:plain