oftenさんのどげだいこげだい

まぁ、よもやまばなしでもつきあってごしない

服装を変えると、違う自分になれる

ごきげんいかがですか、oftenです。
もし、ちょいと、そちらのおかた。
…そう、そこのあなたです。
普段、どんな服装をしていますか?
スーツ?Tシャツ?ユニフォーム?
ユニクロ?しまむら?

今日、このブログでお伝えしたいことはこちら!

「服装を変えると、違う自分になれる!」

あなたのイメージは、どんな人?

自分で自分のことをどう思っています?
明るい、暗い、天然、知的、近寄りがたい、おもしろい…
何かしらのイメージがあるとおもいます。

では他の人はあなたのことをどう思っていますか?
もしかしたら、自分で思うのと同じかもしれないし、まったく違うかもしれません。

既成概念をやぶろう!

人のイメージって、結構服装に左右されます。
たとえば、職場でスーツ姿しか見たことのなかった人の私服を見て、誰だか気づかなかった、なんてこともあるとおもいます。

私の場合、中高生の頃は、自分でも他人からも「暗い人」というイメージがついていました。
でも、ただのネクラじゃつまんないと思ったのです!

そこで、バンド演奏の際は、カツラをかぶったり、コスプレしたりするようになったのです。
(正直、足りない腕前をカバーするというのもありましたw)

その結果、人からじろじろ見られ…注目されたり、堂々と人前にでられるようになりました。

また、それまで普段の服装がテキトーだったのですが、コスプレの考え方を入れて、いつもなら着ない服装にもチャレンジしやすくなりました。
たとえば、お嬢さんぽい格好だとか、兄ちゃんぽい格好だとか。

いつも着ない色の服にするだけでも、気分はがらっと変わりますよ?
いかが?

ちなみにoften的普段着はTシャツとジーンズです。テキトーすぎる…