oftenさんのどげだいこげだい

まぁ、よもやまばなしでもつきあってごしない

「練習」が苦手です!!!だったら…

ごきげんいかがですか、oftenです。
こう見えてわたし、練習が苦手です。
練習しないと上達しないのはわかっていても、一人もくもくと練習する、というのが苦手です。
上達度合いがわかりにくいものほど、そんなかんじです。

今、私が直面している、練習。
6月9日のライブ本番に向けて、キーボードの練習をせねばなりません。
練習の敷居を低くできないかな、と考えた結果がこれです。

1ページでおさめる

バンドスコアって、自分のパート以外もあるので、枚数が多くなりがちです。
演奏中にページをめくるのは至難の業ですよネ。
めくらなくてもいいように、1ページにおさめてしまいます。

内容を簡単にスル

難しい奏法を簡単に

自分で自分の演奏レベルは、よくわかっています。
できないことはやらない。
本人演奏ならいざしらず、アマチュアのコピーですから、完コピを求められてはいないのです。

繰り返し記号を簡単に

自分のパートのみの楽譜を用意した段階で、もともとの繰り返し以外に、繰り返している部分を探します。
全体の譜面では、どこかのパートで繰り返していない部分があったとしても、個人譜面にしてしまえば、繰り返しをみつけて、記号をいれることができます。
また、元々の繰り返し記号がわかりにくい場合、記号を使わない状態にすることもできます。

見た目をわかりやすくスル

シャープやフラットがたくさんついてる…ヘ音記号苦手…ならば譜面上は移調しちゃいましょう。
キーボードは電子楽器です。
たいてい移調する機能があるはずです。



さて、練習、練習っと…